トップイメージ

車を運転している時、「車を使用したままで直ぐ融資可能」といった看板や張り紙が見かけることも多いかもしれません。

これらの宣伝は、自動車を担保としてお金を融資するお知らせであることが多いようです。

車担保融資と言われている言葉は、耳にしたことがあっても、実際、どのようなキャッシングのされ方なのかあまり分かっていない人も多いようです。

車担保融資とは、それほど有名ではないキャッシング方法ともいえるかもしれません。

車担保融資では、クルマを返済ができなくなった際の保障にすることで、自動車の現時点の査定額を出し、その金額の査定限度内でローンキャッシングを基本として行っています。

中古車買取専門業者での査定と同様に、キズがある車や改造車であったりする場合は、査定金額が低くなることがありますので車担保融資の際には覚えておくといいと思います。

車担保融資は、「車」という形があるのものを保険として抑える方法ですので、貸金業者などで融資がストップしている人でも簡単に査定額内での融資を行えます。

さらに言えば、銀行や貸金業者でのローンキャッシングには様々な手続きの流れや面倒な審査などがありますが、車という自分が保有する価値のあるものを使って行うローンですから、そのようなものが不要ということもあるはずです。

この頃では、愛車を返済に行き詰った際の保険にしてキャッシングを受けても、クルマをそのまま継続して保持することが出来る車担保融資も増えてきていると言えます。

けれども、この融資方法の欠点としては、自動車の査定内容にローンキャッシングの額も振り回されますから、乗っている車によって、自分が志願する上限額のローンキャッシングを受けられないということも十分あると聞きます。

車を担保としますから、万一返済自体が出来なくなった時には、直ぐに自動車を手放さなければならないという、デメリットです。

車が暮らしで欠かせないアイテムである場所では、愛車を、担保とするローンキャッシングの方法は、相当リスクが大きいといえるかもしれません。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.saadchemmari.com All Rights Reserved.